婚約しました! (2018.1)

苦手な交渉がこわくなくなる!ビジネスにも日常にも!『交渉戦略教室』

getting what you want

オラ!映画好き&本好きなjapotina(@UnaJapotina)です。

 

今回ブックレビューするのは・・

スタンフォード&ノースウエスタン大学教授の交渉戦略教室
あなたが望む以上の成果が得られる!

マーガレット・A・ニール (著)
トーマス・Z・リース (著)
渡邊真由 (翻訳)

という、いかにも難しそうな本🌀

 

実際に、読むのにずいぶんと時間を要しました。

たしか買ったのは、日本語版が発売されてすぐだったので、6月下旬。
ブログ開設してすぐの頃ですね。
ずっと気にはなっていた本だったので、日本語に翻訳された時点で即決で購入!

 

でもその間も、並行読みで、他の本をガンガン読んでた・・😅

 

というのも、この本、もともと学術的文献なので、読み進めるのにかなり脳を使います。

ましてや、近頃、日本語を使っていないjapotinaは、頭をフル回転!
ちょっと読んでは、休憩がてら他の本に手を出して、またちょっと読んでは・・とマイペースに読み進めていました。

そもそもアメリカの大学院へ進学したので、学術的文献って英語で読むクセがついちゃってるので、久しぶりに日本語のかためな文章を読み、日本語脳が刺激されまくりでしたw

 

それにしても、この本!

 

すごくすごく勉強になりました!!

 

日本人って「交渉」と聞くと、こわいイメージや苦手意識があると思うんですよ。
少なくとも、わたしはあります。

そんな「交渉」という実態のないものを、経済学的かつ心理学的アプローチで、わかりやすく解剖していきます!

sponsored link


 

japotina
「交渉の場」では、そんな心理作用が働いているのか!
とか、
japotina
一定の条件のもとでは、感情的になってもいいんだ!!
とかとか。

 

目から鱗が落ちまくりでした。

 

交渉って、ビジネスの大きな商談時とか、高度な場面のものかと思ってたけど・・

japotina
家電量販店で大型家電を買う場合や、不動産との掛け合いでも使えちゃうじゃん!
というのが、大きな収穫。

 

また、交渉のいろはとも言われるべき、「リザベーション価格」「アスピレーション」などの基本用語を丁寧に解説してあったり、日常場面にそくした具体例がふんだんに使われていたり、自分の中にしっかり落とし込むことができました。

 

他にも・・

  • 条件の提示(オファー)は自分からすべきか?相手がするのを待つべきか?
  • 感情や協調性が、交渉で役に立つ?
  • 自分より権力(パワー)がある人との交渉で、良い成果を上げるには?
  • そもそも交渉に向けての「準備」って何すればいいの?

というたくさんの良質な学びがありました!!

 

本書を読み終えたあと、「交渉」に対する恐怖心がキレイに取り払われていました。

むしろ「交渉したい!」と変なワクワクにかられちゃったりしてw

sponsored link


どんな些細な日常の場面でも使えちゃう「交渉術」。

ビジネス・パーソンに強くおすすめですが、すべての人に読んでもらいたい!

あなたの視野が一気に広がります😍

 

ということで、評価は・・

★★★★★
星5つ!

また絶対に読み直します。
人生の大事な相棒になりそうです。

<参考>
★★★★★:絶対にリピート読み!
★★★★☆:読むべし!
★★★☆☆:時間あるならおすすめ
★★☆☆☆:モノ好きなら読めば?
★☆☆☆☆:読まないで!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です