2020.6 ペルーCOVID-19対応

【ペルー神話】インカ帝国のおへそ

japotina
japotina

オラ!ペルー在住の japotina(@UnaJapotina)です。

ペルー神話のインカ帝国のはじまりを日本語で紹介します!

ペルー神話についてはスペイン語や英語では情報があるのですが、日本語ではほとんどありません。

ということで、japotina が心こめて日本語へ訳しました。

また、子ども向けに絵本調の物語にしてみました。

ペルー神話は、ペルー人は学校で勉強しますが、決して子ども向けに編集されていないんですよね。

子どもたちが少しでも興味を持てるように意識してみましたよん。

japotina
japotina

漢字はすみません、ふりがな対応せずそのままです・・

ぜひペルーにルーツをもつお子さまはもちろんのこと、広い世界を伝えてあげたいお子さまに読んであげてくださいね。

そして今回のあたたかいイラストは、ペルーが大好きで大学でペルーの古代文明のデザインについて研究されたという有村理佐さんが担当くださりました🖌✨

それでは、どうぞ。

はじまり〜はじまり〜👏

インカ帝国のおへそ

原話:Manco Cápac y Mama Ocllo
訳・編集:japotina
イラスト:有村理佐

これは、昔々、遠く離れた国、ペルーでのお話です。

ペルーを南北にはしる大きくて高い山々。
ここはアンデス山脈です。

アンデス山脈にたくさんの人間が暮らしていました。
でも、ここには社会がありません。

人間はみんな動物のように暮らしていました。
野菜の作り方も果物の作り方も知りません。
他の人とおしゃべりすることもありません。
みんな自分のことだけを考えて生きていました。

ある日、太陽の神様インティさまが人間たちの生活を見て、こう言いました。
「うーむ、なんということだ。
人間たちときたら、これはまるで動物じゃないか。
知恵がまるでない!
人間は誇り高く生きてほしいのぉ」

そこで、インティさまは自分の息子のマンコ・カパックと娘のママ・オクジョにこうお願いしました。
「おい、子どもたち、
マンコ・カパックよ。ママ・オクジョよ。
地球へ降り立って、人間たちと一緒に力強い文明を築いてくれないか。
そしてその街は世界の中心となるんじゃ!」

インティさまは子どもたちに黄金の杖を一つ渡しました。
「この黄金の杖を使えば、約束された地が必ず見つかるだろう」

「お父さま、この杖はどうすればいいの?」
ママ・オクジョが尋ねました。

「まず、世界一高いとこにある湖、チチカカ湖から北へ向かいなさい。
そして、行き先の所々でこの黄金の杖で地面をつきなさい。
この杖がお前たちに世界の中心を教えてくれるのだ。
そこで大きな文明を築きなさい。」

マンコ・カパックとママ・オクジョはインティさまに言われた通り、
チチカカ湖から地球に降り立つことにしました。


突然、チチカカ湖の中から二人が現れて、
人間たちは大慌て。
よく見ると二人はきれいな洋服に宝石をつけています。

それを見た人間たちはこう言いました。
「水の中から産まれ、こんなに綺麗な格好をしている・・
このお二人は神様に違いない!」

こうして、人間たちは勘違いして、二人の後をついていくことにしました。

テクテクテクテク
ぞろぞろぞろぞろ

トン

マンコ・カパックは黄金の杖で地面をつきます。
でも、何もおきません。

テトテトテトテト
ぞろぞろぞろぞろ

トン

マンコ・カパックとママ・オクジョは何日も何日も歩き続けました。
ぞろぞろとたくさんの人間が後ろからついてきます。

テクテクテクテク
ぞろぞろぞろぞろ

トン

トテトテトテトテ
ぞろぞろぞろぞろ

トン

こんなに歩いているのに、黄金の杖は何も教えてくれません。
「つかれたなぁ・・」


そんなある日のこと。

この日も
テクテクぞろぞろトン
テトテトぞろぞろトン

みんなで歩いていました。

すると、とてもきれいな山のてっぺんにやってきました。
そこからは周りの谷も小川も山もよく見渡せます。

「きれいだわぁ」
ママ・オクジョがそう言い、いつものようにトンと杖を地面についたとたん・・

ドドドドド

黄金の杖はみるみる地面に吸い込まれていきます。

「わぁ!」
マンコ・カパックもママ・オクジョもびっくり!

こうして、二人はこの場所こそが世界の中心となるべき場所だと分かったのです。

マンコ・カパックは言いました。
「そうだ、ここをクスコと名付けよう!」
クスコとは、おへそという意味です。

こうして世界のおへそ「クスコ」が誕生します。


そして、マンコ・カパックは後ろにいた人間たちに
野菜や果物を育てる方法を教えました。
魚を釣る方法も教え、家の建て方も教えました。
人間やリャマが歩く道の作り方も教えました。
薬の作り方や病気になった時のことも教えました。

ママ・オクジョは後ろにいた人間たちに
食事の作り方を教えました。
アルパカやリャマの毛を使った織物を教えました。
織物から洋服の作り方を教えました。

二人はたくさんのことを人間たちに教えました。
もちろん太陽の神様インティさまのことも。
周りの人と協力することも。

こうして人間たちは知恵をもった人となり、
みんなで助け合いながら生きていきます。

クスコは立派な街になりました。

そして何百年にもおよぶインカ帝国の「おへそ」となりました、とさ。

おしまい

©️ japotina

2020.9.5追記
イラスト担当の有村理佐さんオススメ!
鹿児島のラテン料理屋さん
La quinua Kagoshima
ペルー民族音楽バンド
RIJCHARY(リチャリー)
sponsored link

イベントのお知らせ

japotina
japotina

実はー!この物語がオンラインイベントで朗読されます!

japotina の尊敬する大学の先輩、堀内佳美(よっしー)さんが行うイベントです。

よっしーさんは、タイでゼロからアークというNPOを立ち上げ、タイの山奥の子どもたちにも絵本が届くよう移動図書館を運営されています。

団体HPより

japotina も似たようなことをできないかペルーで模索していたころ、よっしーさんに相談にのっていただいていました。

そんなよっしーさんが、オンラインで以下のイベントを開催します!

ここでなんとこの「インカ帝国のおへそ」という物語がプロのバイオリストによる「コンドルは飛んでいく」の音色とともに朗読されます!

本の虫巣ごもりライブ Feat. 白井崇陽
~バイオリンと朗読でぶらっと世界旅行~
  • 旅程:2020年7月11日(土)日本時間15:00~16:00
  • 集合場所:オンライン(団体Youtubeチャンネル堀内佳美のFacebookページで配信予定)
  • 持ち物:のんびりした、あるいはのんびりしたい心
  • 料金:無料(投げ銭、ご寄付歓迎)
  • 訪問予定地:夏の日本・英国・ペルー・他2ヶ国ほど
japotina
japotina

ペルー時間の真夜中になりますが、japotina もふらっと参加します😆

ぜひご興味ある方はご参加くださいね🌈

オンライン上で会いましょう!

\詳しくはこちら/

ぜひオンラインイベントに参加してね!

sponsored link

イラストレーター募集!【※終了】

2020.7.11追記
本募集は多数ご応募いただいたため、締め切りました!
ご応募ありがとうございました🙇🏻‍♀️

このペルーにまつわる物語いかがでしたか?

せっかくなのでお手伝いいただけるイラストレーターさん募集中です!

japotina
japotina

「インカ帝国のおへそ」の物語の挿絵をいくつか描いていただけませんか?

このブログに掲載はもちろんのこと、ゆくゆくは japotina のユーチューブ上にも載せたいなぁと思っています。

もちろんお名前もしくはハンドルネームのクレジットありです。

できればペルーに所縁がある方やペルー好きな方にお願いできればと思います。

気持ちばかしですが、謝礼もご用意します(本当に気持ちばかしです!)

興味ある方はお気軽に本ウェブサイトのお問い合わせ欄からご連絡ください☺️

2020.7.11追記
本募集は多数ご応募いただいたため、締め切りました!
ご応募ありがとうございました🙇🏻‍♀️
japotina
japotina

japotina と一緒にステキなペルー神話を広めませんか?

  ¡chao!

関連記事

他のペルー神話!
▶︎【ペルー神話】ワカチナの涙

japotina オススメの実話ベースのバンクラデシュの物語!
▶︎【ブックレビュー】途上国や国際協力に興味があるあなたへ:バウルの歌を探しに/川内有緒

自分に自信がない方へオススメの映画!
▶︎【映画レビュー】自分に自信がないすべての方におすすめ I FEEL PRETTY(ややネタバレ)

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。