婚約しました! (2018.1)

ペルーのパンとパナデリア!そして、国民的スイーツのアルファホール

panes

オラ!ペルー在住japotina(@UnaJapotina)です。

今回はみんな大好きなパンについて!

といっても、ペルー人の主食は、なんといってもお米ジャガイモ

ペルー人は、このふたつがなければ生きていけないと言っても過言ではないw

 

その次に大事な主食は、やっぱりパン!

 

あ、そうそうスペイン語でもパンはpan(パン)なので、わかりやすくていいですよねー!

食パンを知らないペルー人

ヨーロッパの文化にも大きく影響されているペルーは、みんなパンも大好きです。

 

街を歩いていてもいたるところにpanadería(パナデリア/パン屋)があり、いい匂いです😍

 

 

ペルー人の生活に、パン屋は必須

 

日本にもパン屋は多いけど、日本だとパン屋は、スーパーで買う袋詰めのパンより高くて、毎日朝食がパン屋のパンっていう家庭は少数派じゃないかな。

 

でも、ペルーは違う!

 

できたてパンをパン屋で買うのが当たり前。

 

むしろスーパーで買うパンのが高いというww 不思議なことが起こっています。

 

だからか、食パンってものをみんな知らない。

Toast

japotinaのペルー人彼も、アメリカ留学中に、

japotinaの彼
なんでアメリカ人はみんなスーパーで売っているあんな不味くて薄いパンばかり食べてるの?
って不思議がってました。

まぁ、たしかにアメリカの食パンっておいしくないよね・・😅

 

彼が日本に遊びにきた時も、やっぱり食パンは慣れなそうでした。

 

日本の食パンはおいしいのになぁ・・

ペルーのパンたち

じゃあ、ペルー人はどんなパンを食べているかというと!

パナデリアをご紹介💗💗

Panaderia

ペルー人が買うパン種類のうち、みんなが買うポピュラーなのが、この4種類!

  • frances(フランセス):
    フランスパンのような食感。中はスカスカ。 かるい。
  • ciabata(チアバタ):
    チャバタとも呼ばれる。外側はパリッとしてるのに、中はしっとりもちもち。japotinaの最近のお気に入り。
  • yema(イェマ):
    イェマというのは卵黄のこと。卵黄を多く含むため、味が濃くておいしい。
  • caracol(カラコル):
    カラコルというのはカタツムリのこと。形がカタツムリの殻のようだから。味はイェマに似てるけど、甘みがある。
あとpan integral(パン・インテグラル)と呼ばれる全粒粉パンも人気。写真では真ん中の段が全粒粉パン。

他にもバゲットとかももちろんありますよ😎

 

どのパンもだいたいひとつ20〜30センティモス(日本円約6〜10円)

日本人A
パン屋で買うパンがひとつ6円って・・
なかなか衝撃よねww

sponsored link


パン屋でカルチャーショック

Panaderia

それにしても上の写真ではそれぞれのパンの前に、名前と値段のラベルが貼ってあるけど、ペルーのパン屋は、なにも説明がないのがほとんど。

どのパン屋も、パンの種類とデザインは同じなので、

japotina
どんなパンがあるの?
と、聞いても、
パン屋
見ればわかるでしょ?

っていう対応をされる😂

いや、もう少し優しかったとしても、

パン屋
今日はチアバタは切れてるけど、フランセとイェマはできたてよ
とか、名前をいえばわかるでしょ、的な対応。

japotina
わたし、ペルー人じゃないし知らないよ😑⚡
japotinaは、ペルーに来たばかりの頃、パン屋がこわかったです💦

 

だって、パンの種類がまったくわからないし、オーダーの仕方がちんぷんかんぷん。

ペルー人は、パンというのは世界のメジャーな食べ物だし、どこも同じだと思ってる。

日本人だってフランスパンって言われたらわかるけど、でもフランスパンといえばバケットだし・・。ペルーのfrances(フランセス)とは違う・・ぶつぶつ

 

またパン屋での購入の仕方も独特。

だいたいどこのパン屋もレジがお店の入り口近くにあって、そこでまずオーダーをしてお金を払い、受け取ったレシートを持って移動して、パンを窓口から受け取るシステム。

日本のように、自分でパンを選んでからレジに並ぶのとは違うので、くれぐれもご注意を!!

 

そして、ペルーでパン屋に挑戦する方は、ぜひfrances, chiabata, yema, caracolの4種類は、最低限覚えておくことを強くおすすめします!!!!!

パン屋スイーツ

ペルー人がパン屋へ足を運ぶ理由は、日々のパンの購入のみならず、スイーツを買うためもあります!

Bocaditos

こーんなちっちゃいスイーツがたくさんあります。

しかももちろん安い!

bocaditos(ボカディートス)と呼ばれ、要はフィンガーフード。

パーティーやゲストのおもてなし用に、みんな大量に買っていきます。

少し割高になるけど、ひとつからでも売ってくれるので、ちょこっとだけペルースイーツを試したい方にもおすすめ!

観光客A
種類があり過ぎてどれを頼めばいいかわからないよ!
という方のため、ペルースイーツの王道を紹介します😎👍

sponsored link



アルファホール

先ほどの写真の上から二段目の左側にあるスイーツこそが、ペルーの国民的スイーツalfajor(アルファホール)!

Alfajores

alfajor(アルファホール)
複数形は、alfajores (アルファホレス)

 

これは彼ママが作ってくれたアルファホレスです!

彼ママ
つくったわ✌✨
ショートブレッドクッキーの間に、ペルーのカラメルmanjar blanco(マンハラ・ブランコ)をサンドし、粉砂糖でトッピングしたものがアルファホール!

 

原型はスペインから南米に伝わったので、南米ではポピュラーなスイーツです。

特に有名なのは、やっぱりペルーのアルファホールと、アルゼンチンのアルファホール、らしいです

 

マンハラ・ブランコの甘みをショートブレッドが吸収してくれるので、甘過ぎずおいしい🐷💕

 

このペルーの国民スイーツのアルファホレス。

ぜひパン屋でお試しあれ〜〜💛💜

観光客B
で、でも・・パン屋で買うのはちょっと・・ハードルが高いかも
という方には、スーパーにも売っているこちらをおすすめ!

Alfajores box

これはチョコレートでコーティングされているバージョン

5つ入りで、それぞれ小包装されているので、お土産で配るのもいいかも!

ちゃんとペルー文化省お墨付きのPerúマークもあるので安心☘

 

もちろんパン屋で買うのよりはずいぶん割高の8ソレス(約250円)だけど、日持ちもするし、全然ありよね🎵

  ¡chao!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です