婚約しました! (2018.1)

【映画レビュー】DUNKIRK / ダンケルク(ネタバレなし)

dunkirk header

オラ!ペルー在住japotina(@UnaJapotina)です。

 

久しぶりの映画レビュー!

しばらく見たい映画が特になく、映画レビューが滞ってましたが、今週は行ってきましたー!今回もまたペルーの首都リマで日本円400円で見てきましたよ😗

 

 

DUNKIRK

サスペンス/スリラー。106分。

日本公開:9月9日(土)

 

第二次世界大戦が舞台。

でも第二次世界大戦といっても太平洋戦争ではなくて、ドイツと戦ったイギリス軍やフランス軍の話。

japotinaも彼も近代史や実話に基づいた戦争ものの映画やドキュメンタリーが好きなので迷わず見てきました!

 

まずは、日本語版オフィシャル・トレーラーを。

sponsored link


 

うーん、ドキドキしますねぇ。

 

それもそのはず、この映画、わたしの中ではアクションでもなく、ドラマでもなく、サスペンスというより、ただひたすらにスリラーです。

 

必要以上に音楽でドキマギさせられます。

 

わたしはてっきりストーリー性が強い映画だと思って見に行ったので、けっこう「ん???」でした。

 

まぁ、映像は豪快です。

 

というか、戦争がリアルに描かれています。

 

戦争はムゴイ。

 

それだけはよくわかります。

 

 

かといって、反戦映画的なメッセージなのかなと思ってると、ラストはそうでもなくて・・

 

 

うーん。

 

ということで、今回は、

 

★★☆☆☆
星2つ

 

 

わたしのように、戦争映画のアクションシーンよりもストーリーや歴史を学ぶのが好き!という方は、映画館で見ることをおすすめしません。AmazonプライムHulu で公開されてから視聴するのをおすすめ。

 

正直、japotina的に星1つでいいかなーくらいだったけど、一応大本のストーリーは実話に基づいているので、歴史を評して星2つです。

 

 

それにしても!

 

ペルーで映画を見ると、もちろん字幕はスペイン語。

さすがに中級レベル4のjapotinaには字幕を追うほどの読解力は備わっていないため、音声の英語だけが頼りです。

 

 

 

な・の・に!

 

 

今回の舞台はヨーロッパ。

ということで、英語もイギリス英語がメイン。加えてフランス語アクセントの英語もけっこう出てくる。

 

うーん、キツかった!!

やっぱアクセントは非ネイティブにはキツいって!

<参考>
★★★★★:絶対見て!私ももう一度!
★★★★☆:見て!
★★★☆☆:見るのおすすめ。
★★☆☆☆:見たければ・・どうぞ。
★☆☆☆☆:見ない方がいいかも・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です