婚約しました! (2018.1)

リマでおしゃれな夜を過ごすなら!おすすめのお城バー:Ayahuasca Resto Bar

オラ!ペルー在住japotina(@UnaJapotina)です。

さて、先週の金曜の夜は彼の友達カップルたちと夜の街へくりだし、おしゃれバーで延々朝の3時(!)まで飲んでました〜!

 

朝の3時って・・!

 

電車文化の日本の感覚からすると普通にビビりますよね・・
(リマはタクシー文化🚕💨)

しかもアラサーのわたしたち・・
(お肌が・・💦でも、しゃーない。こういう文化🙄)

 

まぁでも集合したのが夜10時。それぞれかるーい夕食lonche(ロンチェ)を食べてから集結しました。

 

ちなみにこのロンチェってペルーだけなのかな?辞書で調べると「おやつ」って出てくるんだけど、ペルーだとロンチェというと「かるい夕食」のこと。サンドイッチひとつとか。

 

日本と違って、お昼のalmuerzo(アルムエルゾ/昼食)が一日のメインの食事となるペルー(中南米)では、夜はかるめです。

ヘルシー!?
かと思いきや食べる時間が遅いし(夜9時頃)そのあとにこうやってお酒を飲みにくりだしちゃうから結局アンヘルシー!

 

ちなみにペルーではスペイン語の基礎で習うcena(セナ/夕食)は滅多に使いません・・。それよりここではロンチェです!

 

 

さて、今回行った紹介するのは、観光客やバックバッカーに人気なビーチ沿いのBarranco(バランコ)地区にあるお城バー!!

 

 

お城バー!?!?!

 

 

えぇ・・

 

お城なんです。バーが。しかもおっきなお城。

 

ばーん

IMG 9352

Ayahuasca Resto Bar

まさしくお城?!

 

金曜と週末の夜は予約必須!!リマで1〜2位を争う人気バーです♪

値段はちょいとお高め。でも、ここで「高い」といってもカクテル一杯が日本円1000円以下。日本からペルーに遊びに来る方にはハードル低い?!

一杯1000円弱でこの雰囲気を味わえるなら絶対にお得!!

 

ただここはレストランではないので、お腹ペコペコでは来ない方がいいかも?フードメニューもあるけどね。あくまで巨大バーです。

建物・内装

このお城は、2階建てで、入り口は2階。

予約していると1階の席に通してもらえます。たぶん予約なしだと大体2階の席かな。2階も素敵ですよ!

さぁ気になる内装!

1階の写真たちです。

Ayahuaca inside2

うわぁなにこれ。
あやしい実験室みたいw

 

こんなパティオも。

Ayahuaca outside
Ayahuaca outside2

 

半地下にこんな隠れカウンターも!

Ayahuasca inside bar

しっぽり?

 

室内もとにかくかわいい〜〜

Ayahuaca inside3

こんなソファ席や

 

Ayahuasca inside4

2〜4人席

 

なんかペルーの印象変わりません?!

 

おしゃれでグルメな国なんですよー!実は!!!

旅行で訪れる人はみんなマチュピチュやナスカの地上絵観光で忙しいけど、リマもおすすめ💗

 

もっと内装が気になる人は下のリンクからもっと見れますよ

(トリップアドバイザーのページへ飛びます)

さて、今回6人組だったjapotinaたちが案内された席はここ!

Ayahuaca inside

なんか加工がんばってたらサスペンスチックな印象になってしまった…orz

 

かわい〰💗💗

奥にはめっちゃ大きいソファがあって、そこでは中年女性たちが元気よく女子会してました。もしかしてひとりが結婚前だったのかな?独身最後のどんちゃん的な。海外って多いよね、そういう独身最後の女子会もしくはオトコ飲み。

sponsored link


ドリンク・フード

メニューはこんな感じ🎵

Ayahuaca carta

大きい方がドリンクメニュー
小さいのがフードメニュー

 

今回、japotinaと彼が最初に頼んだカクテルはこれ!

Ayahuaca drinks

pisco(ピスコ/ペルーのお酒)
ペルーのフルーツがふんだんに使われてるカクテル!

 

左側はパイナップルが入ってて、右側はイチゴが入ってました🍓
あと、底にちらっと見えるつぶつぶしてるのはmaracuyá(マラクヤ/パッション・フルーツ)やgranadilla(グラナディーヤ/ペルーのおもしろフルーツ)です!

granadilla header南米原産パッションフルーツ!granadilla(グラナディーヤ)の味と食べ方

それにしても!
ジャードリンクなんておしゃれじゃないですか〜〜!

 

このジャーって、今でこそアメリカや日本で流行ってるけど、ペルーでは昔からあったみたい。おしゃれを意識していないであろう(失礼?w)個人経営の小さいレストランでも普通にフルーツジュースがジャーででてくる。たぶん「ガラスだし洗ったらまた使えるから経済的🎶」ってくらいの理由で、わざわざメイソンジャーとかを買うんじゃなくて、仕入れする食材とかのジャーをそのままグラスとして使ってるんだと思うけどw

 

まぁ、なんにせよやっぱジャーででてくるとかわいい💕

 

唯一日本人女子のjapotinaがキャーキャー言ってたら笑われましたw ペルー人女子からもビンにそんなに興奮するの?って冷ややかな視線を感じたww

 

ちなみにちなみに、

頼んだのはこれ!

Ayahuaca drinkmenu

machacados(マチャカドス)というピスコを少量使ったソフトなカクテル

ピスコのカクテルといえば、ピスコサワーの次にchilcano(チルカノ)が有名だけど、味は飲みやすいのにピスコが強すぎてお酒が弱いjapotinaにはキツい。なんてたってピスコってまろやかな味なわりにアルコール度数約42°!すでに何回か残念な思い(!)をしてきたjapotinaはチルカノは避けています・・。

 

でも、このマチャカドスはフルーツもたっぷりでピスコもソフトで飲みやすく、その後くらくらくることもなかったので、ピスコも少なめなのかと思われます!

あまり他のバーでは見かけないので、ぜひAyahuasca Resto Bar に来た時は頼んでみてください!

 

他にもワインやビールももちろんありますよ〜。

japotinaはこの後はお酒は控えたけど、彼は大好きなウォッカを友達たちと「最初からボトル頼めばよかった〜」と言いながら飲んでました〜(わたしには未知の世界)

 

フードはみんなでつまめるpiqueos(ピケオス/フィンガーフード)を頼みましたよん😋

Ayahuaca bocaditos

食べかけで汚くてごめんなさい・・
ついつい話が盛り上がっちゃって・・

 

 

春巻きみたいなの(tequeño)や、焼き鳥みたいなの(anticucho)で日本人にも親近感あるおつまみw

違うのは、これらにピリ辛ají(アヒ/唐辛子)ソースをディップして食べるとこ。みんなピリ辛大好き!

用途

さて、このお城バー。

 

もちろんデートにももってこいなんだけど、大人数のグループだとなお楽しい!大きい席に案内してもらえるし、広々スペースが使える。

 

珍しく踊るスペースがないバーなのでw 日本人も落ち着いて飲めるかもw
まぁ、もちろん音楽は大きい音で流れてますが😅

 

良い席がよければ予約必須ですよ!

 

といっても、予約も1日前くらいでいいと思うw
ここはペルー。そんな一週間前からでなくても大丈夫ww

 

ちなみにここはjapotinaも2度目だったのですが、1度目はブログ開設前の5月。

そう、スペイン語の先生が嫌いすぎて辛かった5月w
みるにみかねた彼が連れて来てくれましたw ←優しい

【スペイン語】嫌いな先生が再び現る。余裕のある魅力的な大人になる方法。

そのときは予約なしの金曜の夜だったけど、10時頃にきたら待たずに入れて入り口近くのカウンターで飲んでました。夜12時頃がピークなので、10時ならまだ早い方ですべりこみやすいみたいです😎

 

しかもその日はペルーで有名なサッカー選手も来てました。一般ピープルが入れないような秘密個室だったみたいですが、たまたま帰るタイミングが一緒で外でバッタリしました😳‼

 

あ!

もしデートで使われる際は、このバーがあるバランコ地区はdiscoteca(ディスコテカ/クラブ)が多い地域なので、近くのディスコテカへ移動してひと踊りするのがおすすめ💗💗

sponsored link



評価

いや、想像以上にこの記事ボリュームになった時点でお察しつくでしょうが・・w

文句なしの・・

 

★★★★★
星5つ!

 

 

そりゃそうよねw

 

リマに来たら絶対におすすめ!!!

 

ペルーの違う一面が見られます😎✨

<参考>
★★★★★:絶対行くべし!!
★★★★☆:行くべし!
★★★☆☆:時間あるならいいかもね
★★☆☆☆:モノ好きなら行けば?
★☆☆☆☆:行かないで!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です