2018.1 婚約しました!

世界ランキング5位のレストランCENTRALがアメージング過ぎた

オラ!ペルー在住japotina(@UnaJapotina)です。

 

これまでも何度も何度もブログで強調してきましたが・・

ペルーってとっても美食の国なんです!!

関連記事:(前編)世界一の美食の国ペルー!ペルー料理フードフェス:Mistura

 

2017レストラン世界ランキングトップ10の中に、2つのレストラン(5位と8位)がランクインされるほど。

 

ちなみに1位はアメリカ・ニューヨークのEleven Madison Park

他にランクインしたのは以下の国々。

  • アメリカ(1位)
  • イタリア(2位)
  • スペイン(3,6,9位)
  • フランス(4位)
  • ペルー(5,8位)
  • タイ(7位)
  • オーストリア(10位)

日本は、残念ながらトップ10にはランクインせず。18位にNARISAWAがランクイン。

 

スペインがトップ10に3つもランクインしているのもすごいですが(さすが!)この中で途上国でランクインしたペルーとタイ!

しかもペルーは2つも!!

 

以前japotinaの誕生日に彼がサプライズで連れてってくれたAstrid & Gastonも世界ランキング33位で名レストランです。

関連記事:行っちゃいました!世界33位のレストラン<アストリッド・イ・ガストン>

 

本来、世界ランキングに掲載されるようなレストランは、ひとりあたりの予算は3〜5万円(もしくはもっと?)

しかもドレスコードも厳しくて、しっかりとした服装で行かねばなりません。

japotina
金銭的にも精神的にもハードルたかっっ!!

なかなか若い方には敷居が高い・・

 

でもでも!

途上国で物価の安いペルー!

 

世界ランキング5位のレストランでも、予算がガクッと下がって、ひとりあたり1万5千円ほどでフルコース食べれちゃうんですっっ!

もちろんそれでも高いけど、2万円以内なら不可能ではないはず!しかも服装もビジネスカジュアルで大丈夫!

 

ディズニーのワンデーパスポートだって7,400円じゃないか!
ランドとシーの両方いったら14,800円じゃないか!! ←突然なに

japotina
ということで、実はこの世界ランキング5位のレストランに、日本からのお客様と行ってきちゃいました🤩

世界5位の名店CENTRAL

central tables

(店内)

CENTRALと書き、セントラルと読みます。

 

外観はおしゃれな一軒家みたいでした。看板とか一切なし。

japotina
あれ、ここで大丈夫かな?

と、一瞬不安になるかんじ。

 

外観の写真が見たい方は、トリップアドバイザーのページへ

 

中は天井がとにかく広く、開放感!

グリーンの壁がやわらかい雰囲気をかもし出しています。リラックスできる。

 

もちろん予約必須です!

 

夜のディナーは予約開始4ヶ月前に、ほぼすべて埋まります。

でもランチなら2〜3ヶ月前にも予約可能!

japotina
リマ行きが決まったらすぐに予約してくださいね

着席

central table-set

テーブルセッティングはこれだけ

japotina
あれ?フォークやナイフは??

この回答はのちほど。
右側のメニューらしきものをよく見てみると・・

central menu

右側にMという文字が・・

 

どうやら、これメートルのMみたいです。

海やらジャングルやらアンデス山脈など、とにかく地形豊かなペルー。

 

ここセントラルの料理は、ペルーで採れた新鮮な食材しか使用しません。

各プレートを各地の高度で表現しているようです。

japotina
めめめめずらしい!!

中には、海底の食材を使うため、マイナスの高度もありました。

このメニュー上では、最低−10M〜最高3,700Mまで記載されていました!
 

にしても、このメニュー長い・・

数えてみたら、なんと17品目!!

japotina
ひぇー全部食べられるかな、というか食べ終えるのに、何時間かかるんだ?!
sponsored link

いよいよ実食

central food

おぉ、いきなしかわいい
指でつまんで食べます

今回は3人で行ったので(うち1名シェフ!)、全部のお料理は3つずつ出てきます。

なるほど、これを指でちょこちょこ食べて行くから、フォークやナイフがセットされてなかったんだね😲

Central food

japotina
ええぇえええ!岩ですか!!

と、思わず突っ込みたくなりますが、これがちゃんと食べられるんです。

黄色いものがのってるのがお料理。

その下の岩は本物の岩ですw ご注意を。

 

central food

central food葉!?
これもちゃんと調理されたもので、食べられるんです

central food

ペルー名物のイモ!

central sample

これは食べずに、ディスプレイ用

こうやってテーブルにて、使用した食材を紹介してくれます

central sample

こちらもディスプレイ用
これはペルーのトウモロコシを紹介しています

central food

なんだかドリーミーな一品でした
綿みたいにふわふわ

central food

なんかクマのプーさんを思い出すw
なんとなくね
葉っぱごと指でつまんで食べます

central food

こんな海苔巻き?みたいなものもありました

central pan

パン!
もちもちでした

写真はありませんが、ここでついにフォークとナイフが支給されました

central plate

なんとウニー!!
嬉しすぎる😢(ウニ好き)

central plate

なんとまぁおしゃれ

central plate

central plate

一皿ごとがもはやアート

central plate

central plate

central plate

 

そして、最後にデザート!

central dessert

チョコが使われたデザートでした
(もはやお腹いっぱいすぎて覚えていないw)

central tea

コカ茶をいただいて、終了

 

なんと完食するのに3時間半かかりました!

こんなに長い食事は初めてでした・・😅

まだまだ終わらないセントラル

食事を終えたところで、建物内を案内していただきました。

 

高級レストランでは、こうしてレストランを案内していただくのが普通なことだそうです。

 

ラッキーなことに、japotinaは日本でシェフをされている方と一緒だったため、こんなときの立ち振る舞いも教えていただきました。

普通、こんな高級レストランでどう立ち振る舞うかわからないよね・・💧

 

2階に行くと・・

central research

そこは研究所でした

ペルーの各地の食材をこうして研究されているそうです

乾燥させたり、蒸してみたり、炙ってみたり・・

central research

おぉ、なんか研究所ってかんじ

central garden

テラスにはガーデンもありました
ハーブを自家栽培しています

central water

なんと!
このマシーンで自家水をつくっているんだとか!

お水にまでこだわり抜くなんてさすが世界最高峰レストラン・・

感想&評価

いやはやすごい世界を体験させていただきました。

 

見て・嗅いで・触って・食べて楽しいお料理たちでした。

人間の五感をフルに使った気分。

 

石のお料理がでてきたときは、びっくらこきましたけどねw

Central food

これこれ

触ってもしっかりしていたのに、口に入れた瞬間にとろけ、めちゃくちゃ美味しかったです。

 

セントラルでは、料理をまさしく科学していました。各お料理や食材の説明を聞いているだけで楽しかったです。

 

そして何より、料理が美味しいのはもちろんなのですが、この奇抜さゆえに、会話がはずむはずむ。

みんなで驚きを表現をしたり、料理の感想を伝え合ったり・・

 

そのことがとても楽しかったです。

 

料理というのは、食べて美味しいに留まらず、その体験自体が素晴らしい思い出になるんですね。

大人の階段をまたひとつ登った気分になりました・・!

 

ということで、評価は文句なしの!

星10コ!
<参考>
★★★★★:絶対行くべし!!
★★★★☆:行くべし!
★★★☆☆:時間あるならいいかもね
★★☆☆☆:モノ好きなら行けば?
★☆☆☆☆:行かないで!!
sponsored link

おみやげ

全員もらえるのか、もしくは同行したシェフがかなり本格的な質問をしていたからか、わかりませんが、帰りがけにこんなステキなプレゼントをいただきました。

Central book cover

Central book page

中にはこんなデッサン画

ひとつ前のトレーシングペーパーのページを戻すと・・

Central book page 2

その植物の名前が現れる!
お、おしゃれ・・!

しかも、次のページには・・

Central book page 3

その植物が組み込まれた手作り紙

Central book map

ここでも高度を表したマップが登場

Central book 4

ジャガイモの花もあれば

Central book 5

南米名物コカインの花まで!

おみやげまで徹底的にペルーの植物(食材)にこだわっています。

 

それだけペルーって食材が豊かな国なんです。

 

徹底したペルー愛。

ペルーに来たら一度はCENTRALを体験するべし!!

ペルーのことをさらに知り、好きになること間違いなしです

  ¡chao!

関連記事

世界33位のレストランについてはこちら▼
行っちゃいました!世界33位のレストラン:アストリッド・イ・ガストン

ペルーの美食っぷりを知りたい方は、こちらをどうぞ▼
(前編)世界一の美食の国ペルー!ペルー料理フードフェス:Mistura

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です