婚約しました! (2018.1)

わたし、ペルーで踊ってます。

オラ!ペルー在住japotina(@UnaJapotina)です。

さて、このブログのタイトルでもある

わたし、ペルーで踊ってます

 

特に深い意味はないけど、ダンス好きのわたしが、元気にペルーで過ごしてるよ!ってことを象徴するフレーズかなぁと思って付けました。

dancinginperu
彼のおじいちゃんと一緒にサルサ中✨

 

実はわたし、昔から海外に憧れを抱いていて、

japotina
留学行くなら踊れなければ!

と、思い立ち、大学時代にダンスサークルに所属🕺 🌟

そして、学部の交換留学時に、縁があり習ったサルサ

帰国後、日本では特に踊る機会はなかったけど、ずっと踊る感覚は残っていた。

特にサルサの場合、女性は男性のリードや流れにうまく身を任せてついていければ、特別な技術はそこまで求められないしね😗

大学院留学中に、バッドばつ丸似のペルー人の彼と知り合った時も、最初にわたしが彼に聞いたのが、

japotina
サルサ踊れる?
でした。

そして、その返答は。

japotinaの彼
僕はペルー出身だ。(しかもちょっとムッとして)

 

・・どうやら、ペルー人にとってサルサは、踊れる踊れないの問題ではなく、

上手いか下手かの問題のようですね。

 

もしかして外国人に

外国人
お箸使える?
と聞かれて、日本人が
日本人
当たり前だよ!
と、ちょっとムッとする感じに似ているのかも?!

sponsored link


 

なにはともあれ、そうして学内開催の無料サルサレッスン(厳密にはバチャタ*)に彼から誘われ一緒に行ったのが初デートでした😳💕

バチャタとは?
*バチャタ:サルサの一種。サルサより動きが細かいがテンポは遅い。

yorman ali headerサルサの一種 バチャタダンスの踊り方紹介!

なので、わたしにとって踊ることは人生の大切な一部なのです。

discoteca
ペルーのディスコテカにて。いわゆるクラブ

 

そして、ペルー人は本当によくおどるおどる!

なにより、皆とても上手い!!

遠い親戚の誕生日パーティーでも、飲み会の後のディスコテカでも、自宅内でも、とにかくどこでも音楽が流れれば、踊り出します🎵

 

しかも、ディスコテッカでは流れる音楽がサルサ・ラティン・レゲトンと止まることなくどんどん変わり、音楽が変われば、皆の踊り方もすっと変わる💃✨

初めて目にした時は、圧巻でした。

かっこいい。

わたしももっと上手くなりたい!

  ¡chao!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です