婚約しました! (2018.1)

南米の名字事情!夫婦別姓なんて当たり前

couple coffee

オラ!ペルー在住japotina(@UnaJapotina)です。

今回は一風変わった内容です🍄

というのも、南米の名字事情!

名字?!

そうなんです、南米って名前の体系が、日本とまったく違う。

 

そもそも、みんな氏名は、最低「名前2つ+名字2つ」で成り立っています。

 

日本名で考えると:

佐藤・鈴木・太郎・一男

が一般的な名前というww

 

不思議よね😅

 

まぁ、欧米と同様、名前が名字より先にくるから、厳密には、

太郎・一男・佐藤・鈴木

って感じかな。

 

これ、一人の方の名前ですからねw

 

で、なんで二つずつあるか、というと、名前は、ファースト・ネームミドル・ネームの二つ。

そして、名字は・・

  • ひとつ目が、父親の主名字(父方の祖父の名字)
  • ふたつ目が、母親の主名字(母方の祖父の名字)

つまり、先ほどの太郎・一男・佐藤・鈴木さんの例でいうと:

  • 「佐藤」は、お父さんの主名字
  • 「鈴木」は、お母さんの主名字

お父さんとお母さんからひとつずつ名字を受け継ぐんです。

と、いうことは・・

子どもは親と名字がひとつずつ一緒なだけで、完全に同じ名字なのは、兄弟だけ!

sponsored link


 

さらに!

 

結婚しても女性も名字は変えない!

夫婦別姓がデフォルト。

 

旦那も妻も、それぞれ違う名字を二つずつ持っていることになります。

もし女性がどうしても変えたかったら、かろうじて「自分の最初の名字 de 旦那の最初の名字」とすることができます。

deというのは、英語でいうofなので、「旦那の最初の名字+の+自分の最初の名字」ってとこ。

      佐藤の田中
(佐藤:男性の名字)(田中:女性の名字)

なので、変えたとしても、自分の最初の名字は引き継がれたまま。

しかも変える人は、少数派。

 

南米は、ずっと昔からそういうシステムだった。

別に今の日本のように議論されて、夫婦別姓が導入されたとかじゃなくて、最初から社会制度がそうだった、という話。

女性の活躍とかにも関心があるjapotinaとしては、嬉しい驚きでした。

というか、南米ではみんな名字が二つあるのが当たり前なんてフツー知らないよねw

japotinaもまったく知らず、最初はすごく驚きましたw

 

しかも!

これは、ペルーのみならず、他のスペイン語圏でも一緒なのですが、ポルトガル領だったブラジルは、また少し違う!

ということで、ウーマンライフサポーターとして活躍している友人のSawakoと運営しているさわハポチャンネルで、ブラジル人と結婚した日本人の友人Mayukoとともに3人でゆる〜りとフリートークしてみました!!

11分と少し長めなので、時間あるときに、ぜひごゆるりとご覧あれ

sponsored link


 

いかがでしたでしょうか〜??

 

ちなみに、ブラジルは二つの名字のうち、最初の名字が母方で、二つ目が父方なんだそう。

母方が先ってのが、素敵😍

japotina
究極のレディーファースト?!

でも、やっぱり主となる名字が父方の名字なのは、ペルーと一緒!

 

以上、南米の名字事情でした〜!

日本も名前という外側のカタチにこだわらず、女性の好む生き方を、愛あふれる家庭を、築けていけるようになると、いいな😌💕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です