2019.1 結婚しました!

海外オーディション番組が熱い!The X FactorのRak-Suがかっこよすぎる

audition show

オラ!洋楽大好きペルー在住japotina(@UnaJapotina)です。

さて、ペルーに来てからjapotinaが激ハマりしている海外のオーディション番組および音楽をご紹介します。

The Voice(ボイス)The X Factor(エックス・ファクター)ってご存知ですか??

japotinaは、ペルーに来るまでにも番組名こそは耳にしていましたが、実際に見たことはありませんでした。

ところで、アメリカをはじめとする海外の人気テレビ番組のほとんどは、ペルーでも放映されるのですが、いらぬことにすべて、スペイン語に音声が吹き替えられています。(メキシコで吹き替えられて、南米中に配信されるんだとか)

日本のテレビのように、音声を切り替える技術はペルーのテレビにはついていないので、ペルーに引っ越した当初は、スペイン語ができないjapotinaが見られる番組は、ごくごく少数でした(というか今でも😅)

ただ!

The VoiceとThe X Factorに限っては、『歌う』のが重要なので、さすがに音声をまるまる吹き替えられない!

ということで、この2つの番組は、すべて英語音声でスペイン語は字幕対応。

japotina
これならスペイン語ができなくても、英語ができるjapotinaは楽しく視聴できる!!

それで唯一見られるテレビ番組ってことで、なにげなしにこれらのオーディション番組を見始めたら・・

激ハマり!!

読みたい場所へジャンプ

The Voice

The Voice(ザ・ボイス)は世界中にブームを起こしている、歌唱力のみを競ったオーディション番組です。

シーズン最初は、ブラインド・オーディションからはじまります。

審査員たちは後ろを向いていて、参加者の声のみをもとに一次審査を行います。

シーズン13でjapotinaが一番応援している参加者

まぁ、一次審査といっても、番組スタッフですでに厳選しているので、ここに来る時点で、かなりの歌うまの方々なのですが。

それでも、審査はかなり厳しいです。

上のビデオでは、審査員たちが全員が冒頭で気に入り、ボタンを押し、前を向きましたが、だれも振り向かないこともしばしば。

そしてこのあと、2次審査、3次審査と続いていき、シーズン後半は生放送ライブとなり、視聴者が実際に投票し、毎週ひとりずつ脱落していきます。

なかなかハードなオーディション番組。

しかもお気付きですか?!

審査員が超豪華。

  • Jennifer Hudson(ジェニファー・ハドソン)
  • Miley Cyrus(マイリー・サイルス)
  • Adam Levine /Maroon 5(マルーン5のアダム・ラビーン)
  • Blake Sheldon(ブレーク・シェルドン)

カントリーミュージックの大御所Blake以外は(失礼)、超超大物ですね。

この超大物たちが、無名の参加者たちをコーチとして指導し、どんどん導いていくのです。

まだこのシーズンが終わっていませんが、先ほどの参加者の今。

 
これは、Beyoncé(ビヨンセ)の曲 “Love on Top” ですねー!

もとの原曲もめちゃくちゃいいですが、このアレンジも素晴らしい!

そしてなんといっても、歌唱力!!

もーうっとり🥰

\原曲はこちら!/

iTunesページへGO!

The Voiceは様々な国で展開されていて、タイ/ベトナム/フィリピンなどの東南アジア、ブラジル/コロンビア筆頭に中南米、ヨーロッパ諸国、アフリカ諸国でも独自のThe Voiceを制作しています!

japotina
なんで日本には来ないんでしょうね・・?

The Voiceに関しては、こちらの記事の一部でもご紹介しているので、ぜひ合わせてご覧ください

sponsored link

The X Factor

さて、歌唱力オンリーのThe Voiceに対抗して、『アーティストには歌唱力以外にも、言葉にできないオーラやカリスマ性といった要素Xが必要だ!』というコンセプトのもとイギリスで生まれたのが、The X Factor(ディ・エックス・ファクター)

この要素Xを重要視するあまり、番組スタッフによるプレ審査は一切なしで、来場者すべてを大物プロデューサーたちが一次審査します。

注意
途中再生に設定しています。

こちらの一次審査では、最初に披露したカバー曲が、審査員にイマイチといわれてしまい、慌てて参加者が自分たちのオリジナル楽曲を披露する場面です。

そしたら、会場にも審査員にも大ウケ!!

japotina
めっちゃかっこいい〜〜😍

前述したThe Voiceでは、カバー曲のアレンジしか参加者は披露できないのに対して、The X Factorはオリジナル楽曲もあり!

このオリジナル楽曲が、The Voiceとはまた違うおもしろさを、この番組に加えます。

Rak-Su

というのも、先ほどのビデオで登場したRak-Su(ラク・スー)というグループが、毎週オリジナル楽曲をつくり続け、視聴者が投票する生放送ライブを勝ち抜いています!(現在シーズン14の終盤=トップ6)

japotina
もう毎週のライブショーがめちゃくちゃかっこいい😍

ちなみに、かの有名な One Direction(ワン・ダイレクション)も実はこの番組出身なんですよ☝️💡

One Direction が『ボーイズ・バンド』なのに対して、Rak-Suは自分たちのことをマン・バンドと呼んでいます。大人っぽい男らしさを強調したいようです。

あと、Rak-Suというバンド名は、“Tracks vs Suits” = “Music&fun vs Adult Life”からきているそうです。

要は、『楽曲 vs スーツ = 音楽&楽しさ vs 大人』だそう。

japotina
前半の Tracks から “Rak” を、後半の Suits から “Su” を取ってきているんですね!

しかもしかも彼らの音楽には、ちょこっとスペイン語が使われてるんです!

だからこそ余計にハマるjapotina…

ということで、japotinaのお気に入りの楽曲をどうぞ

japotina
めっちゃかっくいー😍

かれらはロンドン郊外で育った幼馴染4人組。普段からめちゃくちゃ仲が良い!魅力が増します。

スペイン語MEMO
“mamacita(ママシータ)”というのは、南米では『セクシー』の意です。

あとよく聞くと、“fajita(ファヒータ)”ともいっていますね。ファヒータというのはメキシコ料理ですw

他にもこんな音楽も!

スペイン語MEMO
こちらは “dimelo(ディメロ)”と言っています。英訳すると ”tell it to me(言ってみて)” ってとこですかね。
japotina
いやはや、これもかっくいー・・💗

ペルーでサルサに興じているjapotinaではありますが、ダンスとの最初の出会いは大学のストリートダンスサークルなので、実はこういうヒップホップの楽曲を聞くと、踊りたくなりウズウズするんです!

しかもメンバー全員、ガタイ良くてセクシー(あ、ちなみにjapotinaの彼は、なで肩タイプですよw)

超ハマっています。

というか、Rak-Su はこのシーズンを優勝し、大ブレイクすることがすでに番組内でも予想されています。

japotina
Rak-Su のアルバムが出たら買う!!😤

今はまだ番組出演中なので、イギリス国内でしか楽曲が販売されていません😭

なんとかペルーから買えないか試みたけど、ダメでした・・💧

なので、現在はひたすらユーチューブでリピート再生しています。

japotina
彼らのここまでの道のりを番組で見守ってきたからこそ、余計に応援しちゃいます😆

これがオーディション番組の楽しいところですよね。

最後に!

かれらが試行錯誤しながら、自分たちのサウンドを見つけた瞬間の映像をどうぞ。

Palm Tree(パーム・ツリー/ヤシの木)というタイトル。

 
ヤシの木いっぱいのカリフォルニアに留学していたjapotinaとしては、胸キュンです。

以上、大ブレイク間違いなしの Rak-Su、大注目ですよ!!

sponsored link

おまけ

ちなみにjapotina自身は、歌がからっきしダメです!!w

 
聞くの専門。

 
歌がうまい友人たちをいつもうらやましく思っています。

  ¡chao!

関連記事

WOWOW加入で出会った大好きなフランス映画:エール!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。