2018.1 婚約しました!

【ペルー料理】レストランよりおいしいロモ・サルタードの作り方

japotina
オラ!ペルー在住のjapotina(@UnaJapotina)です。

突然ですが、Lomo Saltado(ロモ・サルタード)って聞いたことありますか?

ペルー料理で人気なメニューのひとつです。

日本人A
どことなく中華っぽい料理だよね?
japotina
そうそう、中華系移民がつくった料理といわれてるからね

お醤油をつかい、中華ナベで豪快に炒めるロモ・サルタードは、絶品です😋

絶品ロモ・サルタードの作り方

japotinaお手製ロモ・サルタード!

レストランで食べるロモ・サルタードもおいしいのですが、家でふっつーなフライパンで作ったロモ・サルタードが、レストラン以上にめちゃくちゃおいしかったので、レシピを共有しちゃいます♪

ぜひあなたも試してみてください!

必要な食材(ふたり分)

  • 牛肉 250g
  • じゃがいも 1ヶもしくは2ヶ(お好みで!)
  • 赤玉ねぎ 1ヶ
  • トマト(あればイタリアン・トマト)1ヶ
  • にんにく 1カケ
  • 塩・コショウ 少々
  • お醤油 大さじ1×2回
  • 酒 大さじ1×2回
  • 酢(白ワインビネガーがオススメ)大さじ1
  • 砂糖 大さじ1
  • サラダ油 大さじ1
  • 黄とうがらし(あれば) 適量
  • オレガノ 大さじ1

じゃがいもと書いていますが、ペルーでは一般的にロモ・サルタードには、パパ・ロサーダ(皮がピンクのじゃがいも)を使います。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by japotina @ペルー🇵🇪 (@unajapotina) on

japotina
パパ・ロサーダだと揚げたときに、外はカリッ!中がホクホクでオススメです!

ちなみに、日本でも黄とうがらし(アヒ・アマリージョ)が購入できますよ

sponsored link

レシピ

では、作っていきましょう!

STEP.1
食材をカット
牛肉を2cmほどの短冊切りに。にんにくは、みじん切りに
STEP.2
牛肉を味つけ
切った牛肉とにんにくを容器にいれ、塩コショウ(少々)・お醤油(大さじ1)・酒(大さじ1)・砂糖(大さじ1)をよくもみこみ、10分以上冷蔵庫で寝かせておく
STEP.3
フライドポテトをつくる
牛肉を寝かせている間に、フライドポテトをつくる
  1. じゃがいもを太めの短冊切りに切る
  2. 切っている間に油を1cmほどいれた小さめのフライパンを熱しておく
  3. 切ったじゃがいもを揚げる
  4. 揚げたじゃがいもはお皿に移し、冷ます
STEP.4
トマトの皮むき&カット
トマトを火であぶって、皮をはがして置く。皮をはいだトマトを太めの短冊切りに!
*この間に大きなフライパンにサラダ油(大さじ1)を入れ、熱しておく
STEP.5
いためる
熱しておいたフライパンに、寝かしていた牛肉を投入!できる限り浸していた汁も一緒に。油がずいぶんはねるので気をつけて!
STEP.6
味つけ
牛肉に火が通り切るちょっと前に、短冊ぎりしたトマトと細かく刻んだ黄とうがらし(あれば)を投入。お醤油(大さじ1)・酒(大さじ1)・酢(大さじ1)も入れていためる
STEP.7
オレガノ投入
STEP.6がよく混ざったら、オレガノ(大さじ1)を入れて、混ぜる
STEP.8
仕上げ
事前に揚げておいたフライドポテトを入れ、全体をさっくり混ぜたら火を止める
お皿によそって、完成!
ご飯も忘れずに♪
ポイント
牛肉を事前にしっかり寝かしておくことと、オレガノがポイント!オレガノの香りが食欲をそそる!多めに入れてくださいね♪
sponsored link

まとめ

その辺のレストランで食べるより、まろやかでほんとうにおいしいんです!お酢が味の決め手です。

japotina
ポテトを揚げたりと、工程が多くちょっとめんどくさいですが、ぜひ時間のあるときに作ってみてくださいね😍

ちなみに、本物のロモ・サルタードは中華ナベで炎を出しながら炒めるのですが、もちろんこのレシピではそこまでやりません。

ふっつーなフライパンで、炎も出さずにふつうにいためます。

でも、それはそれでジューシーでまろやかに仕上がり、おいしい💗

このレシピで作られたら、ぜひ下のコメント欄で感想教えてくださいね!

  ¡chao!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。