婚約しました! (2018.1)

【スペイン語】rとlの発音について&ネイティブにバカにされた時の仕返し法

l r header

オラ!ペルー在住japotina(@UnaJapotina)です。

日本人はローマ字読みが慣れているから、スペイン語の発音がほんとうに簡単。

中国人やアメリカ人のクラスメートたちが苦戦している中、japotinaはスラスラ〜っと音読できちゃいます。「発音が上手!」なんて日本人がこんなに褒められるのスペイン語くらいなんじゃないかなw

 

 

でもやっぱり苦手な

 

japotinaは英語で鍛えられているつもりでした。rとl。

 

なのに、スペイン語だとrとlをまったく聞き分けられない・・

 

 

あんなに英語で特訓したのに・・

 

かなりの大打撃・・😱

 

rrとrは聞き分けられるんです。明らかに強弱が違う。

 

でも、rとlがまったくもってダメなんです!!!

 

悔しいくらい!

 

 

 

そこで、japotinaは研究しました。

 

 

 

そんなある日。

 

japotinaの彼の真ん中の妹で英語絶賛勉強中のベリちゃんが、

ベリちゃん
you’re weLcome

と言った瞬間にひらめきました・・!

 

 

そ、そうか、スペイン語のl(エル)は、英語のそれよりも強いんだ!!

 

そうなんです、英語のlの発音よりスペイン語のlの方が強く、rとの区別がつきにくい。

 

 

まとめてみるとこんなかんじ。

 

英語のlスペイン語のl < スペイン語のr ≒ 日本語のラ行 < 英語のr スペイン語のrr

 

 

うーん、やっかい。

 

英語よりもスペイン語のlの方が、若干強め

さらに、英語のrよりも、スペイン語のrの方がソフトで、日本語のラ行の音に近い

つまり、スペイン語のlとrとの違いの方が、英語のそれより繊細

そりゃ、わけもわからなくなるわけだ。

 

 

 

しかも。

 

 

 

japotina
lとrを言ってみて

と、英語ネイティブアメリカ人と、スペイン語ネイティブラティーノに質問すると。

アメリカ人
「エル 」「 アール」
ラティーノ
「エレ」「エレ」
japotina
・・。

スペイン語のrは「エ」が若干強く発音されているけど、もはやカタカナでは違いを表現できないレベル。

 

 

そりゃ日本人には無理ポ・・

 

 

以前、たまたまこのビデオを見つけて、japotinaの彼が「これだこれだ」と爆笑していた(💢)のでシェアします。

しかもこれは英語のrとl。スペイン語のrとlはもっと聞き取りづらい。

 

 

ラティーノに とってたとえどんな状況でも、rとlの違いは明らかだそう。

 

 

よくjapotinaも彼に笑われています・・

 

 

 

japotina
このまま引き下がってたまるかっ!💨💨

 

 

ということで、japotinaはさらに研究を重ね・・

 

 

 

とあることに気づく。

 

 

南米のスペイン語では、yaとllaの発音がごっちゃになっている、ということを。

 

どちらも「ヤ」という人がいれば、「ジャ」という人もいる。

(本来はyaが「ヤ」で、llaが「ジャ」)

 

 

これはヤとジャに限ったことではなく、ヤ行とジャ行すべてにいえそう。

 

 

ということで、人気者のヨルマンくんで試してみた。

>>関連記事:ペルーホームパーティーで目撃!20代ラティーノの実態はこれだ!

japotina
ヨルマン
ヨルマン
¿Qué tal?(なんだい)
japotina
ジョルマン
ヨルマン
¿Qué pasa?(どうした)
japotina
・・。

 

勝利の瞬間。

 

 

japotina
キミの名前はヨルマンなの?ジョルマンなの??
ヨルマン
???
周りにいた全員、目が点。

 

ふっ。

 

ぜひrとlでバカにされた際は、ヤ行とジャ行で仕返しをっ!!
  ¡chao!

追伸
残念ながら英語での仕返しは研究していないけど、英語圏の人が圧倒的に言えないのは「リャ行」ですね!

合わせて読みたい

youtube-image
【スペイン語】lとrのリスニングテスト!ユーチューブで発信中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です