婚約しました! (2018.1)

スタンフォード卒⁈TOEIC満点⁈が教える<外国語を学ぶうえで英語学習が大事な3つの理由>

globe

オラ!ペルー在住japotina(@UnaJapotina)です。

さて、わたし、なにを隠そう、絶賛スペイン語勉強中です。

ちなみにjapotinaはスペイン語読みなので、

ジャポティーナではなくて、

ポティーナですよ!

念のためw

そんなjapotinaは実はスタンフォード卒でTOEIC満点保持者。

(TOEICが英語力の測定に適しているとは思ってないけどw)

 

英語がめっちゃ得意なんです。

 

まぁ、英語について語ることもあるのですが、

今回はスペイン語を勉強してて気づいた英語学習の重要性を、ちょっとまじめに語りたいな、と。

1.外国語としての英語

誰しもが避けては通れないSVO等の5つの文型。

ここから嫌悪感を抱き始める人も少なくないかもしれません。

だって、日本語と動詞の位置が全く違うんだもん・・

ただ、その全く違うという感覚が重要なんです。

その全く違うという感覚は、結局どの言語を学ぶにしても避けては通れない。

だって、まるまる全部、言語が違うんだもん!

「違う」という感覚を受け入れられないアメリカ人

わたしは現在、毎日スペイン語学校に通ってます。日々、スペイン語漬けです。

わたしのクラスメートの出身地はこんな感じ。

  • 中国:3
  • アメリカ:2
  • 韓国:1
  • ドイツ:1
  • 日本(japotina):1
ともに学んでいる仲間には悪いんですが・・

この中で明らかに劣等生なのは・・


アメリカ人のふたり!

ここ2ヶ月ほど、japotinaはふたりの学習の様子を観察してきました🕵💨

そうして、わかったんです。

彼らは自分たちが今まで予想だにしなかった新しい文法や言い回しを知るたびに

受け入れられない!w

いちいち、

アメリカ人
なんで?!
アメリカ人
英語ならこうなのに・・
アメリカ人
weird・・

とかリアクションしちゃうわけですよ。

わたしからすると、

japotina
英語だってよっぽど変だよ!!!
と、つっこみたくなるw

往々にして、

アメリカ人って高校で外国語(大半はスペイン語)をかじるけど、

大学受験にも外国語は関係ないから、

ほぼモノリンガル。

全く違う文法形で話されている他の言語に免疫なし

言語の文法を理解して、論理立てて考えると長い文章も読めるようになってくるけど、

文法そのものの法則にロジックはない。

英語はなんで主語・動詞・目的語の順番なの?おかしくない?
日本語みたいに主語・目的語・動詞じゃダメなの??

なんて考えてたらラチがあかない・・w

言語学習は、数学のように答えにたどり着くまでの過程すべてを論理的に紐解くことはできない。

数学には、なぜ?なぜ?という好奇心が大いに役立つ。

でも、

言語学習には、「これはこうゆうもの」という割り切りが、ときに必要。

そして、それに慣れるには、訓練がいる。

自分の母語とは違う文法体系が世にはあって、
ときに、自分には理解できない言い回しがある。

この理解と割り切りと寛容さが学習を進めていくには大事なんです。

少なくとも日本人は、そのことを中学で英文法を本格的に学び始めてから嫌というほど痛感し、耐性がついている。

その耐性が大事なんだな、とペルーにきて気づきました。

sponsored link


2.西洋言語としてのシンプルな英語

そして、英語を学んでいて良かったと思うもうひとつの点。

それは、英語が西洋言語の中で一番シンプルという点!

前から薄々感づいてはいたけど、

本格的にスペイン語を学び始めて、確信しました。


英語は本当にシンプル!!!

そんなのうそだ!と思った人、ぜひ他のラテン言語を学んでみてください。

だって英語は、

主語によって変化する動詞の活用は三単現(三人称・単数・現在形)のSのみ!

動詞と言えば、

もちろん過去形・過去分詞は学ばなくてはならないけど、

基本それだけ。

英語は、ひとつの動詞の活用として

  • 現在形
  • 進行形(~ing)
  • 過去形(-ed)
  • 過去分詞(-ed)
  • 三単現(-s)

5つを使えるようになればいいのです。

それに対して、スペイン語は・・

現在形だけですら:

  • 一人称単数(yo/私)
  • 二人称カジュアル単数(tú/キミ)
  • 三人称単数(él/彼,ella/彼女)&二人称フォーマル単数(usted/あなた)
  • 一人称複数(nosotros/私たち)
  • 二人称カジュアル複数(vosotros/キミたち)
  • 三人称複数(ellos/彼ら,ellas/彼女ら)&二人称フォーマル複数(ustedes/あなたたち)
と、主語が変わると、動詞が6つに変形する!
MEMO
中南米のスペイン語は、二人称カジュアル複数(vosotros)を使用しないので、厳密には5つ

しかも!

英語のwillのような助動詞がなくて、未来形の活用もあるから・・

要は、スペイン語のひとつの動詞の活用が:

  • 現在形×6
  • 進行形(-ando, -iendo)
  • 過去形A×6
  • 過去形B×6
  • 過去分詞(-ado, -ido)
  • 未来形×6
  • 可能法×6

と、ひとつの動詞でもこんなに活用形がある!もはや数え切れない・・

というか、もっとあるかも🙄⁉

中級レベルのjapotinaが思いつく限りを列挙しただけなので、
まだまだあるかも・・

2017/10/1 追記
命令形×5・接続法現在×6・接続法過去×6と、ぜんぜんまだありました😅ひー
詳しくはこちらで

【スペイン語】いよいよ接続法へ突入。

2017.07.14

 

しかも過去形AとBってなに!?

って感じですよね・・スペイン語は過去形が複雑なんですよ・・

もちろん活用のパターンはあるけど、英語のように進行形は-ing。過去形は-ed。なんてシンプルなもんじゃない!

ほら、英語が簡単に思えてきたでしょ?w

スペイン語は名詞にも、女性名詞・男性名詞があって、それぞれ冠詞や形容詞がかわってくるし・・

ドイツ語はどうやら、それらに加えて中性名詞ってのもあるとのこと。

ひーーーー

今なら英語が世界共通語になったのも理解できるw

sponsored link


3.だからやっぱり英語は大事だった

globe
世界共通語ともまで、言われる英語。

英語が使えると、

いっきに世界のたくさんの人とコミュニケーションがとれ、日本語化されていない本・映画・文献・ネット情報を楽しむことができる。

それだけでも英語を学習するありがたみとして十分だけど、

もう一点、わたしが強調したいこと。

それは、英語の語源は、その他多くのヨーロッパ諸国と同じラテン語ということ。

もちろんラテン系・ゲルマン系とそのあと派生していくんだけど、

英語は、スペイン語と似ている単語がものすごく多い。

文法も似てるのいっぱいあるし。

日本語にはない現在完了(スペイン語だと過去完了と呼ぶw)だってどちらもある。

そして、そのスペイン語は、

フランス語・イタリア語・ポルトガル語と同じラテン系で似ている。

ドイツ語は英語と同じゲルマン系。

ということは、英単語や英文法を知っていると、他のヨーロッパ言語に応用できる!
(似ているからこそややこしいこともあるんだけど・・w)

だからこそ、英単語や英文法をしっかり学んでおくと、

のちのち応用がきく!

しかも、悲しいかな、

世界のほとんどはヨーロッパ諸国によって植民地化されていった歴史があります。

  • 北米:英語・フランス語
  • 中南米:スペイン語・ポルトガル語
  • オーストラリア:英語
  • アフリカ:英語・フランス語
  • アジア(インド、フィリピン):英語。

なので、西洋の言語がひとつできると人生の可能性が広がるわけです。

ちなみにこの中でも発音が日本語にもっとも近いスペイン語がおすすめです😍

ということで、英語を学んでいる方は英語学習を続けていってほしい!

英語学習アドバイス:
Huluなどで大好きな洋画や海外ドラマを英語音声・英語字幕で覚えるくらいに見ましょう。japotinaも受験生時代は内容を知り尽くしているディズニー映画等をリピート再生しリスニング力・会話力を鍛えていました。そろそろわたしもスペイン語で実践しなきゃ〜

もちろん言語習得には長い月日が必要だけど・・

それでも世界が広がるという確信と自信をもって進んでいってほしい!

japotinaもこれからスペイン語の宿題やりますっ!!!

  ¡chao!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です